またまたびっくりやけん!!
今までのC++だと、スレッド間通信(ActiveObject)の実装、十数個のクラスを作ってた。
C++11で、がばい簡素になった。
2つぐらいかな。ソースコード量も激減。
がばいすごか!! C++11、恐るべし。
※なんでC++14でないかは、Googleセンセに聞いてください。(Android NDKがまだC++11だから。)

こんな感じ

ヘッダ

クラス実装とCスタイル関数実装

メイン関数

で実行結果。

がばいカッコよか!!
C++11、惚れたばい。